紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

砂漠 <伊坂幸太郎さん>

2009年1月9日「砂漠」を読みました。

感想 <砂漠>

「砂漠」
始めて読んだ。

やっぱり伊坂さんの小説って感じ。
うれしい♪

学生仲間のつながり方がいいなー。
恋愛でつながる場合も、すっごくかわいい。
男性も、女性も!
男同士のつながりも、ジーンときちゃう。

最後に、希望をもたせてくれる小説だと思う。

 

 

 

あらすじ <砂漠>

仙台の国立大学に入学した学生の4年間。
「春」「夏」「秋」「冬」そして「春」の青春小説。

 
主な登場人物
  北村(僕…主人公)
  東堂(女性)
  西嶋(男性)
  南 (女性) 
  鳥井(男性)

 


仲間で麻雀をするシーンがよく出てくる。
その麻雀をするために、鳥井が集めた仲間は、名前に「東西南北」がつく。

麻雀、音楽、バイト、冒険、犯罪、恋愛、学祭、そして超脳力。
学生生活は愉しいことがたくさんある。
でも、やっぱり一番大切なのは「仲間」だ。

人生において学生時代は、砂漠の中のオアシスかもしれない。

西嶋は言う。
「その気になればね、砂漠に雪を降らせることだって余裕でできるんですよ」
・・・P14

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「砂漠」の感想はこちらです。

 

------------------------------------------

単行本 <砂漠>

砂漠 砂漠

出版社  実業之日本社 
発売日  2005年12月9日

 

 Jノベル <砂漠>

砂漠 (Jノベル・コレクション)

出版社  実業之日本社 
発売日  2008年8月1日

 

 

文庫本 <砂漠>

砂漠 砂漠 (新潮文庫) 

出版社  新潮社(新潮文庫)
発売日  2010年6月29日

 

 砂漠 (実業之日本社文庫)

出版社  実業之日本社
発売日  2017年10月4日