紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

魔王 <伊坂幸太郎さん>

2009年3月1日「魔王」(文庫本)を読みました。

感想 <魔王>

「魔王」
この本を読むのは二度目。

前回読んだときは、終わり方の余韻に感動した。
そして、その後「魔王」の続編でもある「モダンタイムス」を読み、再度、この「魔王」を読むと、また違った感動があった。

あの余韻はモダンタイムスへと引き継がれていた。
それをわかった上で、改めてこの本を読むと、安藤兄弟の力強さが、より伝わってきた。

「魔王」とは、一体誰なのか、考えさせられる。

 




あらすじ <魔王>

「魔王」と「呼吸」というふたつの物語。
「魔王」は、安藤・兄の物語、「呼吸」は、安藤・弟の物語。

主な登場人物
  安藤(兄)
  潤也(弟)
  詩織(潤也の彼女)
  犬養首相 

安藤・兄は、自分の念じた言葉を人に言わせることができる能力を持つ。
安藤・弟は、じゃんけんに必ず勝つという能力を持つ。

国民から圧倒的支持を得る政治家・犬養を見ながら、兄弟は思う。
これでいいのか、考えろ、考えろマクガイバー!と考える兄。
このままでいいのか、何かを起こそうとする弟。

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「魔王」の感想はこちらです。

 

----------------------------------------------

単行本 <魔王>

魔王 魔王

出版社  講談社 
発売日  2005年10月20日

 

文庫本 <魔王>

魔王 魔王

出版社  講談社(講談社文庫)
発売日  2008年09月12日