紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

モダンタイムス <伊坂幸太郎さん>

2009年11月3日「モダンタイムス」を読みました。

感想 <モダンタイムス>

登場する人物が、いつも個性的なキャラクターで、それが愉しみでもある、伊坂さんの作品。
「モダンタイムス」でも、いましたねー、個性派が。うふふ。

「井坂好太郎」という、女好きで、胡散臭い小説家。
名前が名前だけに、小説の中での彼のセリフは、本当の伊坂幸太郎さんの言葉なのか・・・伊坂さんは、そういう考えなのか、と、思ってしまう。

主人公・渡辺拓海の妻・佳代子は、恐妻である。
「結婚とは、一に我慢、二に辛抱、三、四がなくて五にサバイバル」と、拓海が言うほどの妻である。
ほんと、最初は、ありえないほど恐い妻が描かれていたけど、小説のラストに近づくほど、彼女の印象が変わってくる。

この小説は、拓海の小学3年生の時の言葉で始まる。
「実家に忘れてきました。何を? 勇気を。」
その彼が、ラストではこう言っている。
「勇気は彼女(妻の佳代子)が持っている。俺がなくしたりしないように」

あんなに恐がっていた妻なのにね。
案外、いい夫婦じゃん。

 

 




あらすじ <モダンタイムス>


「魔王」の続編。今より50年ほど未来の話。

主人公は、システムエンジニアの渡辺拓海。
キーワードは「検索」。
現代のインターネットや、システムについて、鋭く突いている感じだ。

渡辺拓海は、あるシステムの改良の仕事を担当する。
前任者の五反田正臣は、失踪した。
その五反田は、「見て見ぬふりも勇気だ」と言う。

単純な仕事のはずだったのに、大きな組織に狙われることとなる拓海。
彼は見えない敵の実体と闘うこととなる。

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「モダンタイムス」の感想はこちらです。

 


---------------------------------------

 単行本 <モダンタイムス>

モダンタイムス モダンタイムス

出版社  講談社 
発売日  2008年10月16日

 

文庫本 <モダンタイムス>

モダンタイムス(上) モダンタイムス(上)

出版社  講談社文庫
発売日  2011年10月14日

 

モダンタイムス(下) モダンタイムス(下)
出版社  講談社文庫
発売日  2010年10月14日