紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

クジラアタマの王様 <伊坂幸太郎さん>

2019年8月7日「クジラアタマの王様」を読みました。

感想 <クジラアタマの王様> 

やっぱり、伊坂幸太郎さんは、読者を楽しませてくれますねえ。
新刊が出る度にそう思うのは、想像したことのないモノとの出会いであったり、ファンをニヤリとさせてくれるサービスであったりします。

「クジラアタマの王様」では、セリフのないコミックーパートがあるという点が、新しい出会いでした。今までに、そういう本を見たことがありません。なんと斬新な小説でしょう。

伊坂幸太郎さんの小説によくある、伏線の回収が、このコミックパートでも使われているように思いました。最初は、絵の意味がよくわからなくても、読み進めていくうちに、ああ、そういうことなのね、と。あるいは逆に、小説に書かれていたことが、後に絵に描かれていて、ああ、なるほど、こういうことなのね、と。
面白い仕掛けのある本でした。

第一章から第三章までは「スマートフォン」、第四章になると「パスカ」が使われています。第四章は「スピンモンスター」に描かれていた近未来なのかもしれません。
また、「カタツムリの活躍する絵本」(P236) というのは、せつみやこさんが書いた「アイムマイマイ」でしょうかねえ。
こうした、他作品との出会いを楽しませてくれるところも大好きです。 

  

「クジラアタマの王様」好きな言葉を「本棚のしおり」に書きました 

 

 

あらすじ <クジラアタマの王様>

お客様からのクレーム電話から始まり、謝罪記者会見へと発展する製菓会社。その会社の広報部員である岸は、次々とトラブルに見舞われます。

岸は、人気ダンスグループのメンバーである小沢ヒジリ、都議会議員の池野内征爾と出会います。彼らは言うのです。「3人は奇妙な夢でつながっている」その夢の中には、『ハシビロコウ』が登場するのだと。

現実と夢の世界が交錯する物語です。
また、小説とセリフの無いコミックが交錯する、ユニークな仕掛けも楽しめます。

 

 
「クジラアタマの王様」NHK出版 特設ページはこちらです。

「クジラアタマの王様」朝日新聞社「好書好日」インタビューはこちらです。

「ダ・ヴィンチニュース」

 

-----------------------------------------------------------------

 単行本 <クジラアタマの王様>

   
  クジラアタマの王様 

出版社  NHK出版 
発売日  2019年7月9日

 

文庫本 <クジラアタマの王様>

クジラアタマの王様 文庫化はまだです

出版社  
発売日  

 

-----------------------------------------------

 紙飛行機文庫 トップページ

-----------------------------------------------