(16)SOSの猿

SOSの猿 <伊坂幸太郎さん>

2009年12月27日「SOSの猿」を読みました。 感想 <SOSの猿> 他人の「SOS」を見逃せない遠藤。「ものごとの原因」にこだわる五十嵐。 どちらも、わたしの性格の一部分と似ており、とても興味深い登場人物だった。 ふたつの話が同時進行し、最後につながると…