紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

ゴールデンスランバー <伊坂幸太郎さん>

2009年10月25日「ゴールデンスランバー」を読みました。

感想 <ゴールデンスランバー>

とにかく、最後のシーンが好きです。胸がキューンとなります。
『たいへんよくできました。』

青柳の元彼女・樋口晴子とその娘。いいセンスと度胸を持ってるよね。

2010年1月に映画が公開されるらしい。とても楽しみ。
この樋口晴子は竹内 結子さんらしい。どんな風に演じてくれるか楽しみ~。

この小説は、第一部から第五部までの構成になっている。
最後の第五部は「事件から三ヶ月後」が描かれている。
すべては、これを描くための伏線だったのか、と思えるようなラストシーン。
さすが伊坂さん!

そして、登場する人物がまた、筋の通った人が多くてカッコいい。
犯罪の中でも、「痴漢」が一番許せないと言う青柳のお父さん。
音楽はロックだと言い張る岩崎、などなど。
そういう個性を持った人物を登場させるうまさも、さすが伊坂さん!

 




あらすじ <ゴールデンスランバー>

首相の凱旋パレードが、仙台で派手に行われていた。
その首相が、ラジコンへりを使った爆弾テロで暗殺される。
そして、その犯人として、元宅配ドライバーの青柳が仕立て上げられる。
青柳は、逃げる。
大学時代の元彼女、サークルの仲間など、周りの人間との絆が彼の逃亡を助ける。

  青柳 雅晴    首相暗殺の濡れ衣を着せられ逃亡する
  樋口 晴子    青柳の大学時代の彼女
  森田 森吾    青柳の大学時代のサークル仲間
  小野 一夫    青柳の大学時代のサークルでの後輩
  岩崎 英ニ郎   青柳が勤めていた宅配会社の運転手
  轟        花火工場の社長
  保土ヶ谷康志   仙台病院センターの入院患者
  佐々木 一太郎  青柳を追跡する刑事

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「ゴールデンスランバー」の感想はこちらです。

 


---------------------------------------

単行本 <ゴールデンスランバー>

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー

出版社  新潮社 
発売日  2007年11月30日

 

文庫本 <ゴールデンスランバー>

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー 

出版社  新潮文庫
発売日  2010年11月26日