紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

ホワイトラビット <伊坂幸太郎さん>

2017年10月1日「ホワイトラビット」を読みました。

感想 <ホワイトラビット> 

またまた、伊坂さんに「まいりました」と申し上げます。
騙されてしまいました。
騙されることが、こんなにうれしいなんて、伊坂さんの小説でしか味わえない感覚です。

黒澤は、中村と今村の二人を「言われたこともできない二人組」と思っています。
「打合せの内容を守らない」「簡単な段取りすら守ることができない」ことに、呆れを通り越し、感心するくらいであると、黒澤には思われている二人組が、この人質立てこもり事件では、黒澤の指示通りに活躍しているじゃないですか。
わたしは、すっかり、この空き巣たちに騙されてしまいました。

この小説で、特徴的なのは、語り口だと思います。
「俺」が語る兎田目線の章、「私」が語る春日部課長代理の章、この二つに加えて、作者が語るという章があるのです。
稲葉が綿子に苦痛を与える場面では、『何とも不愉快な場面で、まことに心苦しい』と、書かれています。
まるで、作者・伊坂さんが恐縮しているかのようです。

この作者目線の語りは、わたしが迷子にならないように誘導してくれます。
誘拐事件、空き巣事件、立てこもり事件の場面。
1カ月前、現在、数時間前、数年前。
場所と時間を移動することが多いのですが、作者の語りが、混乱を防いでくれます。
それだけではなく、その語り口が面白く、思わず突っ込みを入れたくなるのです。
「えっ、それでどうなったの?」「なにそれ?」「あなたは何者?」

また、ポテチ登場組の「黒澤・中村・今村・若葉」の4人組がいい味です。
抜けているのか、真面目なのか、その会話と行動のおかしさは、わたしの期待を裏切りません。
わたしが、黒澤が出てくる話をおもしろいと思うように、書いていらっしゃる伊坂さんご自身も、「書いていて楽しい」らしいです。
インタビューで、このようにおっしゃっています。

--------------------------------------------------------------------------------------
  黒澤が出てくる話も書いていて楽しいのでまた作りたいです
--------------------------------------------------------------------------------------

ぜひ、また書いていただきたいですね。
また、このインタビューでは、このようなこともおっしゃっています。

--------------------------------------------------------------------------------------
  『ホワイトラビット』に出てきたある人物の話も、
   書いてみたい気持ちはあるんですよね。
-------------------------------------------------------------------------------------- 

さて、どなたのことでしょう?
そこも想像が膨らみ、期待も膨らみます。 

新潮社 「ホワイトラビット」 伊坂幸太郎様 インタビュー

 

 

 

あらすじ <ホワイトラビット>

誘拐をビジネスとする組織があり、その組織の金が搾取されてしまいます。
犯人は、オリオン座の話ばかりするので「オリオオリオ」と呼ばれている折尾です。
組織は、オリオオリオの行方を探すよう、同じ組織内の兎田に命じます。
しかも、その命令は、兎田の妻・綿子を誘拐し、期限を切るというものでした。
愛する綿子ちゃんを救うため、兎田は懸命になります。
ところが、ハプニング続出です。

仙台での人質立てこもり事件へと、兎田も想像していなかった展開となります。
事件解決のために、特殊捜査班SITが、犯人と交渉をします。
さらに空き巣たちが、その町で、盗みを計画したために、巻き込まれてしまいます。

登場する人物たちそれぞれの、心に抱えているものも徐々に、明らかになります。
『開き直って、立ち向かうべきだったんだ』
事件の解決とともに、それぞれが、強く生きていくことを選択するのです。



旧「紙飛行機文庫」に書いた「ホワイトラビット」の感想はこちらです。

 

 ----------------------------------------------------------------

単行本 <ホワイトラビット>

 ホワイトラビット

出版社  新潮社 
発売日  2017年9月22日

 

文庫本 <ホワイトラビット>

ホワイトラビット 文庫化はまだです

出版社  
発売日