紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

重力ピエロ <伊坂幸太郎さん>

2009年4月12日「重力ピエロ」(文庫本)を読みました。

感想 <重力ピエロ>

ホント、伊坂さんって物知りだなぁと、今さらながら感心。
登場してくる人物たちのせりふが、いろんなところからの引用だったり、比喩だったり。
それでいて、知識をひけらかすような人物ではなく、どのせりふもスマートなところがカッコいいなあ。

伊坂さんの作品に登場する人物は、どの人も魅力的だけど、「重力ピエロ」の泉水・春の兄弟の関係も、すごく魅力的だった。
また、その両親も魅力的で、この父、この母に育てられたからこその兄弟だろうなぁ。

 

 

あらすじ <重力ピエロ>

春は、母親がレイプされた結果に生まれた。
大人になった春は、落書きを消す仕事をしている。
その兄の泉水は、遺伝子を扱う会社に勤務している。

この小説のキーワードは「遺伝子」かもしれない。

落書きと連続放火事件の関連に気がつく春。
その落書きが遺伝子と関係があるのではないかと推理。
その後、あるルールに気がつく父親。

「ふわりふわりと飛ぶピエロに重力なんて関係ない」と言った母。
「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて関係なくなる」と言った父。
その両親に育てられた兄弟の想いは、同じものがある。

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「重力ピエロ」の感想はこちらです。


----------------------------------------------

単行本 <重力ピエロ>

重力ピエロ  重力ピエロ

出版社  新潮社 
発売日  2003年04月

 

文庫本 <重力ピエロ>

重力ピエロ   重力ピエロ

出版社  新潮社(新潮文庫)
発売日  2006年6月日28日