紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

マリアビートル <伊坂幸太郎さん>

2010年10月3日「マリアビートル」を読みました。

感想 <マリアビートル>

とにかく会話が愉しいです。
「グラスホッパー」の続編ということで、殺し屋たちのお話なんだけど、殺し屋が、そんなキャラでいいの?って思うくらい魅力的なキャラクターばかり。

木村と王子、蜜柑と檸檬、七尾と真莉亜、木村の父と母。
この関係で会話が進むことが多いんだけど、どれもいいコンビというか、それぞれの個性を引き出している言葉による会話が多くて、わくわくしちゃった。

とことんついていない七尾。
彼が一番魅力的だった。
うそでしょ、って言いたくなるくらい、そして笑えるくらいについていない彼は面白い。
そんな彼も、窮地に追い込まれるとすごい集中力を発揮する。
その対比が素晴らしくて、がんばれ!って思っちゃう。

とことん「トーマス」が好きな檸檬。
会話に、とにかくトーマスに出てくる機関車キャラクターの比喩が多い。
どんどん、檸檬に突っ込みを入れたくなると共に、トーマスに興味がわいたよ。

そして、とことん悪魔の王子。
ほんと、どこまでも憎らしく、どこまでもやっつけてやりたいと思う奴だ。
だからこそ、最後まで、彼がどうなるのか興味津津だった。

さらに、鈴木先生は、カッコよかったなー。

最後にほろりとさせてくれたのは、やはり親子愛だった。
木村家三世代。
もしかしたら、孫の渉も・・・・いつか業界人になるかな?
そんな想像力を膨らませてくれるところも、伊坂さんの小説の面白さだと思った。

 

 

あらすじ <マリアビートル>


「グラスホッパー」の続編だ。
「グラスホッパー」は、バッタ、イナゴ、キリギリスなど、バッタ類の総称だそうです。
そして、「マリアビートル」は、てんとう虫のことを言っているようです。

----------------------------------------------
レディバグ、レディビートル、てんとう虫は英語でそう呼ばれている。
そのレディとは、マリア様のことだと聞いたことがあった。 (P436より)
----------------------------------------------

「マリアビートル」は「グラスホッパー」の続編なので、殺し屋たちのお話なんだけど、その殺し屋たちの名前もユニークなのよね。
その中のひとり、七尾のあだ名が「天道虫(てんとうむし)」だって。
かと言って、七尾が主人公とは決めつけられないほど、
登場人物のすべてが魅力的で、さまざまな活躍をするお話。

舞台は、東北新幹線「はやて」の東京から盛岡までの車内だ。
七尾は、東京から「はやて」に乗って、トランクを奪い、上野で降りるはずだった。
たった5分で終わる仕事だったのに、ことごとくついていない七尾は、どんどんトラブルに巻込まれ、ついに終点の盛岡まで行ってしまう。

その間、車内には、アル中だった殺し屋・木村が悪魔の中学生・王子に復讐しようしたら、逆に、王子に拘束される羽目になってしまったり、人質と身代金を奪還して、盛岡まで護送するはずだった、殺し屋「蜜柑」と「檸檬」は、その護送最中に大事な人質を殺されてしまうわ、身代金は失うわ、のトラブルになったり、とにかく、次から次へと事件が広がっていく。

そして、「殺し屋」の業界人が、次々と登場する。
まるで、「必殺仕事人」のように、それぞれが必殺技を持って。
東北新幹線「はやて」の2時間30分は、ドキドキ・わくわく・くすくす・ほろり、と、たくさんの感情が盛り込まれた濃厚な時間を過ごすことになる。

 
  
「マリアビートル」公式HPはこちらです。 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「マリアビートル」の感想はこちらです。

 

 

----------------------------------------------

単行本 <マリアビートル>

マリアビートル

出版社    角川書店 
発売日  2010年09月23日

 

 

文庫本 <マリアビートル>

マリアビートル マリアビートル

出版社  角川書店
発売日  2013年9月25日