紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

死神の精度 <伊坂幸太郎さん>

 2009年3月22日「死神の精度」(文庫本)を読みました。

感想 <死神の精度>

「死神の精度」

前回読んだときの感想を改めてみてみた。
『最後の「死神対老女」がすっごくいいです』そう、書いていた。

やっぱり・・・2回目も初回と同じ感想を持った。

この本は、短編集の形ではあるが、6つの話でひとつになっていると思う。
最後の「死神対老女」がいいと思うのは、長編小説のラストシーンがいいと思うのと同じことだろう。
それまでの5編の小説があるからこそ、この「死神対老女」が冴える。

千葉は、人間ではなく、クールな死神である。
でも、彼は、人間の持っている温かさを持ち合わせた死神のようだ。
どの話も、最後には救われた気持ちになるから。


文藝春秋 特設サイトはこちらです

 

 

あらすじ <死神の精度>

「死神の精度」 苦情処理の電話応対係の女
「死神と藤田」  任侠の世界の男
「吹雪に死神」  雪山のホテルで起きる連続殺人
「恋愛で死神」 洋服店に勤める男
「旅路を死神」 母親を刺した男
「死神対老女」 美容院を営む老女

死神である千葉が見た、6人の人間の物語。
6編の短編からなる連作短編集。
  
クールな死神の千葉は「死」を実行するのに適しているかどうかを判断し、「可」か「見送り」かを報告するのを仕事としている調査官である。
調査は一週間。
「可」の報告をした場合は、翌日、つまり八日目に死が実行される。
調査官の死神は、その実行を見届けて仕事を終了したことになる。

彼が仕事をする時は、いつも雨が降っているという雨男である。
ミュージックが好きで、よくCDショップで視聴している。

 

 旧「紙飛行機文庫」に書いた「死神の精度」の感想はこちらです。

 

----------------------------------------------

単行本 <死神の精度>

死神の精度 死神の精度

出版社  文藝春秋
発売日  2005年6月28日

 

 

文庫本 <死神の精度>

死神の精度  死神の精度

出版社  文春文庫
発売日  2008年2月8日