紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

グラスホッパー <伊坂幸太郎さん>

 2009年7月4日「グラスホッパー」(文庫本)を読みました。

感想 <グラスホッパー>

 ラストの一行。
「回送電車は、まだ通過している」

この一文で終わる、この小説。えっ???
最後に、わたしの頭の中に?が増殖した。
これは、どう解釈したらいいんでしょうね。

(P165)
「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。例えば、街で立っている時に、
目の前の信号の点滅が止まらなかったり・・・・・(中略)
この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ・・・(略)」

一体、鈴木はいつから幻想を見ていたのかなあ。
健太郎と孝次郎の姿を見たところからが幻想なの?

でも田中が鯨に幻覚について、話している内容によると
「信号」は幻覚の見始めで、「列車」は目覚めの合図だそうだ。

ということは、鈴木が寺原を待っている時の信号が、幻覚の見始めで、
ラストの回送電車が目覚め・・・?
つまり、すべてが幻想だったということ? まさか。

うーん。ラストで悩んでしまった。

 

 
あらすじ <グラスホッパー>

鈴木は妻をひき逃げで殺される。
その犯人の寺原に復讐をしようと、寺原の父が経営する会社に入り込む。
復讐をする前に、寺原は「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって死んでしまう。
その押し屋を探しあてることを命じられる鈴木。
その間に、別の殺し屋「鯨」と「蝉」が関わってくることになる。

主な登場人物
  鈴木  (妻がひき逃げされ死亡した。その復讐をたくらむ)
  鯨   (自殺させるという殺し屋の大男)
  蝉   (ナイフ使う殺し屋で、蝉のようにうるさい男)
  槿   (押し屋の殺し屋)
  岩西  (蝉の上司)
 
----------------------------------------------

  

単行本 <グラスホッパー>

  グラスホッパー 

出版社  角川書店 
発売日  2004年07月31日

 

文庫本 <グラスホッパー>

 グラスホッパー

出版社  角川文庫
発売日  2007年06月23日