紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

オー!ファーザー <伊坂幸太郎さん>

2010年4月6日「オー!ファーザー」を読みました。

感想 <オー!ファーザー>

伊坂 幸太郎さんの<あとがき>によると、この「オー!ファーザー」は、伊坂さんの作品の中で、第一期の最後の作品になるらしい。
ちなみに、第二期は「ゴールデンスランバー」以降だとか。

伊坂さんご本人が、そうおっしゃる通り、伊坂さんのお得意パターンがちりばめられ
伊坂さんのファンとしては、待ってました!って感じだ。

個性のある者たちの、ユニークな行動と発言は、陽気なギャングシリーズのような、面白さがあった。

わたしは、伊坂さんの小説の醍醐味のひとつに、伏線の回収があると思う。
この「オー!ファーザー」も、残り30~50ページほどで、一気に回収していく。
えーっ、これまでも伏線だったのか、あれも、これも・・・!とうれしくなった。
改めて、最初から、もう一度読み直した。

主人公は男子高校生の由紀夫くん。
彼の友人の鱒二くんは、「井伏鱒二と同じ名前か」と、言われるシーンがある。
こうなると、由紀夫くんは「三島由紀夫と同じ名前か」と言いたくなるよ。
伊坂さんの小説の登場人物の名前には、きっと意味があるんだろうな、と思うのは、わたしだけでしょうか。


あらすじ <オー!ファーザー>

男子高校生の由紀夫は、ひとりっこだけど、6人家族だ。
由紀夫・母・4人の父の6人家族です。4人の父親・・・?
母親が、二股ならぬ四股をかけていて、由紀夫の父親は、鷹・悟・葵・勲のうちの誰かなんだけど、今だに不明だ。

そして、4人それぞれに、個性がある父親たちなのだ。

ギャンブルが大好きな鷹。
何でも知っている頭のいい悟。
スポーツ万能の勲。
女性にもてる葵。

ギャンブル好きの鷹とドッグレースに行った際、由紀夫は、盗みの現場を目撃してしまう。
そこから、家族中はいろんなことに巻き込まれていく、というお話。

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「オー!ファーザー」の感想はこちらです。


----------------------------------------------

 

 

単行本 <オー!ファーザー>

オー!ファーザー オー!ファーザー 

出版社  新潮社 
発売日  2010年10月03日

 

文庫本 <オー!ファーザー>

オー!ファーザー オー!ファーザー

出版社  新潮文庫
発売日  2013年6月26日