紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

ラッシュライフ <伊坂幸太郎さん>

2009年4月4日「ラッシュライフ」(文庫本)を読みました。

感想 <ラッシュライフ>

5つの話が並行して進んでいくので、初めて読んだときは、少し頭が混乱気味だったのが、再読となると、安心して読めたし、先を知っているだけに、細かい部分まで読み逃すこともなく愉しんで読むことができた。

ほんとに、うまく構成されている小説だと思う。
伊坂さんの頭の中は、どうなっているんだろう。
素晴らしい。

この小説の最後の部分に出てくる、「だまし絵」の中にいる、
「屋上から離れて一人だけ、その行進を見上げている男」、
これは、もしかしたら伊坂さんなのかもしれないと思った。

5つの話の中で、一番の興味は「黒澤」だ。
他の伊坂さんの作品の中にも登場するキャラクターでもあるし、「泥棒」でありながら、そのセリフが深いところが好き。

5つの話が並行して進むため、シーンがころころと変わる。
それをわかりやすくするための、配慮なのか、シーンが変わるたびに、かアイコンが描かれている。
そのため、誰の話(どの話)なのかが、わかりやすい。

そういうのって好きだなぁ。



あらすじ <ラッシュライフ>


画商の戸田と画家の志奈子
泥棒・黒澤と同級生の佐々岡
新興宗教の教祖にひかれる河原崎と塚本
精神科医の京子とサッカー選手の青山
失業中の豊田と野良犬

この5つの話が並行してすすんでいく。
それぞれ別の人生の話だというのに、
意外なところで結びついていく、だまし絵のような結末。

 

-------------------------------------------------

 単行本 <ラッシュライフ>

ラッシュライフ  ラッシュライフ

出版社  新潮社 
発売日  2002年07月

 

文庫本 <ラッシュライフ>

ラッシュライフ  ラッシュライフ

出版社  新潮社(新潮文庫)
発売日  2005年04月