紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

オーデュボンの祈り <伊坂幸太郎さん> 

2009年9月2日「オーデュボンの祈り」(文庫本)を読みました。

感想 <オーデュボンの祈り>

初めて伊坂さんの本を読んだのが、この「オーデュボンの祈り」だった。
薦められて読んだ本だったけど、読後の感想は、「一体、この小説は何?」
というものだったと記憶している。

案山子が喋る・・・SFものなのか?
桜が撃つ、残酷な城山、案山子の殺人・・・ミステリーなのか?
現実にはない、仙台の沖にある荻島・・・非現実的なファンタジーものなのか?

とにかく、説明のつかない不思議な小説に出会った気分だった。
そして、今回、もう一度読み直してみた。

伊坂さんの小説を読んでいると、似たようなキーワードが出てくる。
生と死、音楽、絵、宗教、犬・猫・鳥・虫、政治、天気、システムエンジニア・・・など。
この「オーデュボンの祈り」は、伊坂さんのデビュー作だからなのか、
そのキーワードのすべてが網羅されているようで、再読すると、わくわくした。

「この島に欠けているもの」・・・これが一体何なのか。ずっと気になる。
最後まで、それが気になって仕方がない。
そして、ラストでそれがわかった時、なんと清々しい気持ちになれることか。

桜の「理由になっていない」という言葉。
城山には、最高の贈る言葉になったと思う。

 

あらすじ <オーデュボンの祈り>


主人公の伊藤は、人生をリセットしてみたいと思い、コンビニ強盗を試みるが失敗する。
そして、パトカーから逃げだし、気がついたら、荻島という鎖国状態の不思議な島にいた。

この島には、言葉を喋る案山子がいた。その案山子は未来が見えると言う。
しかし、島のすべての人間から信頼されていた案山子の優午が、ある日、殺される。
未来が見えていたはずの優午に、自分の死を防ぐことはできなかったのか、
という疑問とともに、一体、誰が優午を殺したのか。

伊藤   
  主人公・元システムエンジニア


優午   
  言葉をしゃべる案山子


日比野   
  伊藤に島の案内をする


轟    
  島の中で、唯一、外の世界へ出ることができる


桜    
  島の中で、悪事を働くと桜が拳銃で撃つ


田中   
  オーデュボンのリョコウバトの話をする


城山   
  残酷な警官

 

 

 旧「紙飛行機文庫」に書いた「オーデュボンの祈り」感想はこちらです

 

--------------------------------------------------

単行本 <オーデュボンの祈り>

 オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)

出版社  新潮社 
発売日  2000年12月

 

文庫本 <オーデュボンの祈り>

オーデュボンの祈り オーデュボンの祈り

出版社  新潮文庫
発売日  2003年11月