紙飛行機文庫 <紙飛行機ドットコム>

伊坂幸太郎さんの作品に惹かれて、伊坂幸太郎さんのファンになりました。伊坂幸太郎さんの、最新刊から文庫本まで読み、感想やあらすじなどを書いています。

陽気なギャングの日常と襲撃 <伊坂幸太郎さん>

2009年2月1日「陽気なギャング日常と襲撃」を読みました。

感想 <陽気なギャングの日常と襲撃>

「陽気なギャングの日常と襲撃」始めて読んだ。
もちろん「陽気なギャングが地球を回す」の続編。
たぶん、先に「地球を回す」を読んでいた方が愉しめるに違いない。
登場人物のキャラクターが面白いから。

そうそう、この4人の他に「田中」という人物が登場する。
彼もいい味出してるなぁと思う。

このギャングシリーズは、ユーモアがあって楽しい。
こういう4人に会ってみたいよ。

 

 

 あらすじ <陽気なギャングの日常と襲撃>

「陽気なギャングが地球を回す」の続編

主な登場人物
  成瀬 (人間嘘発見器)
  響野 (演説好き)
  久遠 (スリの天才)
  雪子 (時間を正確に測れる体内時計の持ち主) 
  
第一章から第四章まである。
第一章が銀行強盗をする前、
第二章から第四章は銀行強盗の後の話となっている。

それぞれが、さまざまな事件に巻き込まれるエピソードあり。
それにしても、さすが伊坂さん。
最後には、そのそれぞれが
「社長令嬢誘拐事件」に連鎖していく様子が描かれている。

 

 

旧「紙飛行機文庫」に書いた「陽気なギャングの日常と襲撃」の感想はこちらです。

 

---------------------------------------

新書 <陽気なギャングの日常と襲撃>

陽気なギャングの日常と襲撃 陽気なギャングの日常と襲撃

出版社  祥伝社 

発売日  2006年05月10日

 

 

文庫本 <陽気なギャングの日常と襲撃>

陽気なギャングの日常と襲撃 陽気なギャングの日常と襲撃

出版社  祥伝社(祥伝社文庫)
発売日  2009年08月30日